【ダイエット】リバウンドのしないダイエット方法!




筋トレには、多くのテクニックが存在します。

頑張って食事制限してもリバウンドしてしまうという人も多いのではないでしょうか。


今回は、そんな多くの方が抱くお悩みが解消できる ”最重要知識” を3つご紹介します。


① 基礎代謝を上げる

脂肪を落とすには筋肉をつけて基礎代謝を上げることが一番効果的です。 基礎代謝が落ちると歳を重ねるごとにお腹周りなどに脂肪がつき始めます。


そこで減食などの食事制限によるダイエットを始める人が多いのですが、 食事を制限する減食ダイエットはかえってやせにくい体を作ることになります。 運動をしないで減食ダイエットだけをしていれば脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまい基礎代謝力も低下してしまうからです。


食事制限によるダイエットをしているとある程度の体重変化を感じると、効果があったと一旦元の食事に戻すようになります。

しかし、その時には基礎代謝量が以前よりも落ちているので、同じ食事量でも以前よりも太ってしまうのです。


人は飢えに対応するために食べる量が減ると基礎代謝量を低下して対抗します。 筋トレをせずに食事制限だけでダイエットをしてしまうとこのように太りやすい体ができあがり、リバウンドを繰り返すことなります。


② 脂肪を減らすではなく筋肉を増やす

ダイエットをする際に最も重要なのは筋肉を増やすことなのです。 食事制限だけのダイエットは脂肪が増えるばかりか実年齢よりも老けさせてしまいます。

一方筋肉をつけて基礎代謝力を上げていけば自然に脂肪も減りますし、血流もよくなって、体全体が若返るのです。



③ 筋肉の代謝量を上げる

筋肉1kgあたりの基礎代謝は13kcal/日と言われています。 1日に13kcalということは筋トレで筋肉を5kg増やしたとしても65kcal。 本当に筋トレする意味あるの?と思ってしまいますが、この基礎代謝の数値は安静にしている時の基礎代謝で、通常人は様々な活動をしながら1日を過ごしているため、実際の筋肉1kgあたり基礎代謝はもう少し高いのです。

さらに筋肉が多い人は肝臓や腎臓、心臓といった代謝が非常に活発な組織も大きい傾向があるので、 筋トレによって筋肉量が1kg増加することで増える基礎代謝は 1日50kcal程度になるのではないかと言われているのです。


体脂肪1kgあたりのカロリーは7,200kcalです。

これをカロリー収支でマイナスにするために食事制限によるダイエットに励むより、 筋肉量を2kg増やすことができれば、その内の3,000kcal/月を基礎代謝だけで消費することができることになります。


月に0.5kg体脂肪を落とすのが目的の人なら、これだけでほぼ達成してしまいますし、これが1年間なら36,000kcalですから、1年間に体脂肪5kg分を減らすだけのカロリーを、筋肉が消費してくれることになります。

このことからも、筋トレをして筋肉量を増やすことが長期的に見て

太りにくく、痩せやすい身体を作る

ことにつながり、リバウンドもしない体づくりになるのです。



このようにリバウンドしない体づくりには筋肉をつけることが重要ということはおわかりいただけたと思います。 また、正しいトレーニングを行えば、

筋肉は何歳からでも大きくなります。


平均年齢80歳を超える被験者を用いた実験でも筋肉がしっかり肥大したという報告はいくつも出ています。


ただ、自己流のダイエットやトレーニングは、かえって不健康になってしまったり結果が実感できずに挫折してしまったりしますので、

健康で若々しい体を手に入れるには、パーソナルトレーナーの指導のもとトレーニングすることをお勧めします。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示