top of page

体のバランスを一から整える⁉️ピラティスは実は【男性のため】のエクササイズだった⁉️


こんにちは!!ACEGYM岩下です😊

皆様のおかげで、我がACEGYMも総会員数なんと”70名”を突破しました‼️

様々なお客様が、ご利用してくださる中、僕のお客様は比較的男性のお客様を見させていただく機会が多いです!

それでこそ、

・バルクアップしたい!

・ダイエットしたい!

・大会に出場して入賞する!

・自身のスポーツの向上や大会前のコンディション調整

・姿勢改善

etc…

多種多様な目的を持ってきています!

その中でほとんどの人が抱えているのが、インナーマッスルの弱体化によるバランスの悪さです。

コレがあることで、力を入れるにもうまく伝えることができなかったり、最悪関節を痛める事態にもなり兼ねません。

そんなときに、【ピラティス】を活用することができます!

ピラティスは、今でこそ女性が活用するものという認識ですが、もともとはドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏が第一次世界大戦下に収容中自らの手で開発したエクササイズによって、負傷した兵士の体を整えるために活用され始めたことが起源となります‼️

そこから、アメリカへ渡り専用の器具を用いたエクササイズの指導を考案して今のピラティスの形へと至っているんです💡

ピラティスでは


①インナーマッスル

②姿勢改善

③胸式呼吸

この三つを改善することができます!

特に、この3つはフィジークなどのコンテスト競技においては体の使い方がとても重要になってきます!

トレーニングにおいても、体幹をしっかり入れることで対象筋への負荷を最大限にすることが可能となります!

〜ピラティスはヨガと違うの?〜

ピラティスとヨガはかなり似たようなイメージを持たれている方が多いですが、目的や意識は全く違うものとなります☝️

ピラティスは前述したとおり、”リハビリなどの身体機能の向上”を目的としたものとなります。

それに比べて、ヨガは精神統一や瞑想など精神修行的観点が大きいものとなっております。

また、ピラティスは【胸式呼吸】なのに対し、ヨガは【腹式呼吸】を活用します!

交感神経を活発にして、運動機能を上げるピラティスに対して、副交感神経を刺激して体をリラックスさせるのがヨガの役割とも言えるでしょう‼️

今回の記事はここまでとなります。トレーニングパフォーマンスやポージングパフォーマンス、その他身体機能を向上させるのにピラティスはとても、よい動きだと言うことが理解いただけたのではないでしょうか❓

ただし、あくまでも筋肉増強や筋力向上を狙えるまでには至りませんので、トレーニングとうまく併用してより良いパフォーマンスを出してみてください😊

ただいまACEGYMでは無料体験&32%オフキャンペーンを実施中‼️

通常168,000円の16回プランが今ならなんと114,300円でのご案内となります👍

さらにさらに!!

無料体験も大好評につき、初回体験セッション無料継続!&体験当日のご入会で入会金¥30,000が¥0に!

実質¥35,000OFFでセッション+1回のチャンス🔥🔥🔥

「食欲の秋をなんとか乗り越えたい…」

「クリスマスシーズンに向けて少しでも痩せたい…」

そんな方はダイエットを成功させるチャンス‼️

かっこいい・美しいボディを手に入れませんか??

ぜひこの機会を逃すことなく、まずは無料体験トレーニングに足を運んでみてください☺️

鎌倉パーソナルジムACEGYM トレーナー:岩下

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page