top of page

教えてACEGYM ‼️有酸素運動前のコーヒーにはどんな効果がある??

こんにちは!!ACEGYM岩下です😊


だいぶ定番になってきたであろう『朝の有酸素運動

ダイエットを目的として、脂肪を燃やしたいのであれば脂質以外のエネルギーがほとんど使われない状態(糖質が体にない)朝の起きて1発目に有酸素運動を入れるのがいいと言う話を前のブログでも話しています。


今日はここにある『豆知識』を一つみなさんにお届けしていこうかなと思います💡


「せっかく朝早く起きて有酸素運動に向かうのだから、ちょっとでも効率よく脂肪を燃やしたい」


そんな方はぜひ今日のブログをご参照ください❗️


コーヒーにそんな効果があるの⁉️ダイエット効果を爆上げする『コーヒー』の”2つの成分”

コーヒーには、ダイエット効果を最大まで引き上げてくれる成分が”2つ”も含まれているんです。その2つとは

①カフェイン

②クロロゲン酸


この2つになります!!


「カフェインは聞いたことあるけど、クロロゲン酸って何??」


という方が大半だと思いますので、順を追って説明していきたいと思います👍


①カフェイン

コーヒーといえば!!と言えるほど代表的な成分『カフェイン

こちら覚醒作用があり、自律神経を刺激して体の機能をONモードにしてくれる成分でもあります。


そしてもう一つが脂肪燃焼効率を促進してくれます🔥

そのメカニズムは


1.カフェイン摂取交感神経が優位になる。これにより『リパーゼ』という消化酵素が分泌される


2.リパーゼが体脂肪を『遊離脂肪酸』に分解して血中に放出


3.遊離脂肪酸として、エネルギー源となった体脂肪を有酸素運動のエネルギーとして代謝


このプロセスを経て、体脂肪が燃えてくれるということになります。

本来このプロセスは、長い時間かけてゆっくり作用していくものなので有酸素運動=長時間という概念が広まっているのですが、『カフェイン』がそれを手助けしてれるため、脂肪燃焼効率が上がる。


こういったメカニズムで燃えやすくなるんですね😊


②クロロゲン酸

コーヒーの効果はカフェインだけではありません。


続いては『クロロゲン酸』に入っていきます。


クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、ワインやチョコレートにも似たような成分が含まれています。


このクロロゲン酸も脂肪代謝を爆上げしてくれます🔥

そのメカニズムは


1.クロロゲン酸を摂取することで、糖質の吸収抑制効果&インスリン感受性UP効果


2.これにより、急激な血糖値の上昇を抑制させるという効果+肝臓の脂肪代謝そ促進してくれる


糖質というのは、主な効果は身体のエネルギー源なのですが使われなかった分で肝臓や筋肉に堪らなかった分は脂肪へと変換されてしまいます。

これは急激な血糖値の上昇により、インスリンが過剰分泌されることで糖質を脂肪に溜め込みやすくしてしまうためです😭


クロロゲン酸の効果で血糖値の上昇を緩やかにし、インスリン感受性を上げることで、インスリンの糖代謝を促進して効率よくエネルギーとして使ってくれるため、”体脂肪に変わりにくい”状態になってくれるというわけです✨


この『カフェイン』と『クロロゲン酸』の2つの効果で体脂肪の燃焼効率を格段に上げることができ、尚且つ体脂肪を燃焼しやすい『有酸素運動前』に入れることで、さらにその恩恵を受けることができます☝️


以上のことから、有酸素運動前のコーヒーが脂肪燃焼にいいとされる所以になります👍


ただし気をつけたいのが、

砂糖やミルクを入れるとエネルギー源が入って効果を薄くしてしまいます


お試しの際は”できるだけ”ブラックで摂取してみてくださいね😋


AceGym Instagramにて配信しておりますので、ぜひご参照くださいね☝️



ただいまACEGYMでは新年あけましておめでとうキャンペーンを実施中‼️



通常168,000円の16回プランが今ならなんと114,300円でのご案内となります👍


さらにさらに!!

無料体験も大好評につき、初回体験セッション無料継続!&体験当日のご入会で入会金¥30,000が¥0に!


実質¥35,000OFFでセッション+1回のチャンス🔥🔥🔥


「正月太りを解消したい…」

「新年新たな自分に生まれ変わりたい‼️」


そんな方はダイエットを成功させるチャンス‼️


かっこいい・美しいボディを手に入れませんか??


無料体験トレーニングに興味のある方は下のリンクから👇


鎌倉パーソナルジムACEGYM トレーナー:岩下

閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page