top of page

Q.重量を扱う種目・効かせる種目の違い


こんにちは!!ACEGYM岩下です😊

今回は上記の質問に答えていきます‼️

A.ミッドレンジ種目とストレッチ種目、コントラクト種目に分けられる

トレーニングにおいて、どの動作で負荷が最大になるかは非常に大事な要素の一つとなります。

この負荷のかかり方を把握していないとせっかくのトレーニングも効き目がなくなってしまうことを覚えておきましょう。



①ミッドレンジ種目

動き(可動域の途中)で最大負荷がかかる

基本的には最大可動域を取るよりも、重量を主体に考える。

②ストレッチ種目

初動負荷とも呼ばれており、動きはじめの状態(筋肉が伸び切った状態)の時に最大負荷がかかる。

回数をある程度扱える重量で、しっかり可動域を取ることを主体とする

③コントラクト種目

終動負荷とも呼ばれており、動き終わりの状態(筋肉が収縮した状態)の時に最大負荷がかかる。

ストレッチ種目同様、しっかり可動域を取ることを主体とする。

これら3つの違いは

【重量主体か可動域主体か】

これになります。ミッドレンジ種目はそもそも、スタートポジションとエンドポジションでの負荷が抜けやすいものが多く、動きの中のスティッキングポイントで最大限に負荷が加わるものが多いです💡

対して、ストレッチ種目とコントラクト種目は、スタートポジションまたはエンドポジションで基本的に負荷がかかります☝️

そのため、ミッドレンジで重量を使って最大負荷ポイントを往復してあげる必要が

ストレッチやコントラクトでは、最大可動域までしっかり動かすことが

重要だということを覚えておきましょう💪

この3つのトレーニングを一部位のトレーニングに全て盛り込んでメニューを組む方法を【POF法】と呼びます‼️

このPOF法が筋肥大する上で非常に効果的となりますので、ぜひ皆さんもこれらの種目を必ず一個以上入れてみてください😊

ただいまACEGYMでは無料体験&32%オフキャンペーンを実施中‼️

通常168,000円の16回プランが今ならなんと114,300円でのご案内となります👍

さらにさらに!!

無料体験も大好評につき、初回体験セッション無料継続!&体験当日のご入会で入会金¥30,000が¥0に!

実質¥35,000OFFでセッション+1回のチャンス🔥🔥🔥

「食欲の秋をなんとか乗り越えたい…」

「クリスマスシーズンに向けて少しでも痩せたい…」

そんな方はダイエットを成功させるチャンス‼️

かっこいい・美しいボディを手に入れませんか??

ぜひこの機会を逃すことなく、まずは無料体験トレーニングに足を運んでみてください☺️

鎌倉パーソナルジムACEGYM トレーナー:岩下

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page